ニュースNEWS

PT. NISSAN MOTOR INDONESIA能増ライン生産開始

パーカーエンジニアリング株式会社(代表取締役社長:浮田二郎丸、本社:東京都中央区、
以下「当社」)は、昨年10月にPT. NISSAN MOTOR INDONESIA(以下「NMI社」)より
塗装設備の能力増強工事を受注し、本年3月から工事を着工、予定通り 9月中旬に工事を完工し、
能増ラインでの生産が開始されました。

プロジェクトの背景

NMI社はインドネシア市場に於いて販売台数を急激に伸ばしており、投入する車種は全て売れ行き
好調で、来年度は昨年のシェアを倍増する計画です。 
今回受注・完工しました設備は、この計画に沿って既設の生産能力を倍増するものであり、施工範囲は、
前処理/電着設備、乾燥炉、作業場、及び搬送装置の既設改造工事と、上塗り塗装設備、上塗り乾燥炉、
及び搬送装置の新設工事です。

今後について

インドネシアは2000年から毎年4~6%の経済成長率を維持しており、今回のNMI社の能力増強投資に
続いて他の自動車・バイクメーカーも設備投資を計画していることから、これらの設備投資の受注に
注力していきます。

工事概要

工事名:20JPH能増プロジェクト 
工事場所:PT. NISSAN MOTOR INDONESIA 、Kawasan Industri Kota Bukit
工期:2011年3月~2011年9月

装置概要

【塗装装置】
既設改造エリア:前処理/電着設備、乾燥炉設備、作業場
新設工事エリア:上塗り塗装設備、PCS、塗装ロボット、上塗り乾燥炉設備
【搬送装置】
既設改造エリア:電車搬送装置、フロアーコンベアー
新設エリア:フロアーコンベアー