自動車産業向 塗装プラントFOR AUTOMOTIVE INDUSTRIES

前処理装置

塗装の前処理として、鋼板表面の脱脂洗浄と皮膜化成工程の処理が行われます。前処理は被処理物の防錆力や塗料の密着性を向上させ、最後の塗装品質を決定づけるほど重要な工程です。

パーカーエンジニアリングは、グループ中核企業である日本パーカライジングとの協力体制により、革新的な次世代処理設備の提供を実現しました。エネルギー消費量を減らし、環境負荷を軽減するというコンセプトのもと、最適な処理方式を決定しラインの設計を行います。

border 2color 前処理装置

次世代型化成処理

表面処理薬品を取り扱う日本パーカライジングと協力した設備提供

日本パーカライジングとの協力体制により、新型の表調レス設備を万全の体制で提供いたします。
表面調整工程に使用していた薬剤・供給水が不要になるので、ライン長の短縮や、排水
処理コストの削減につながります。

jisedaikasei01 前処理装置
次世代表面処理剤

自動車ボディを対象とした「PALLUMINA(パルミナ)」と、その他の処理用品と対象とした
「PALLUCID(パルシード)」があります。
化成スラッジ発生量はリン酸亜鉛の1/10以下と大幅に削減。ノズルや配管の詰まりの大幅低減を可能にし、コスト・環境負荷の低減にも貢献します。
リン・ニッケル・マンガンを含まないので、リン酸亜鉛処理に比べ重金属を低減。厳しい排水規制にも
対応した、環境にやさしい塗装前処理を実現します。

jisedaikasei02 前処理装置
page top 前処理装置

border 2color 前処理装置

鉄粉除去システム

溶接スパッタに代表される塗装品質を害するゴミ・ブツの除去

フラッドスプレー

液中からの異物除去よりもさらに効果的なボディからの異物除去を強化することで、異物低減に
高い効果を発揮します。
teppun01 前処理装置

サイクロン

遠心分離により液中の鉄粉を分離および沈降させて回収します。その回収率は92%(実績値)と
高い効果を発揮。
自動制御にて随時異物を排出するためメンテナンスの必要がなく、消耗品も不要です。

teppun02 前処理装置 teppun03 前処理装置 teppun04 前処理装置
磁気を利用した鉄粉除去システム

磁気を利用して鉄粉を回収するシステムです。
これにより、省エネルギーおよびコスト削減に
貢献します。
teppun07 前処理装置
マグネットバーを利用した除去システム
teppun06 前処理装置
マグネットローラー

page top 前処理装置

border 2color 前処理装置

化成スラッジ除去

化成スラッジを高い効率で除去し前処理品質を向上

沈降分離では除去できないスラッジまでも除去し、化成槽内のスラッジ濃度を
低く保ちます。
kasei01 前処理装置
PSフィルター(化成スラッジ除去システム)
全量ろ過方式(PSフィルター)の採用で槽内の浮遊物質濃度を低減し、沈降スラッジおよび浮遊スラッジの両方に対応した
システムを開発しました。
ろ布の洗浄(逆洗)は圧力方式により短時間で行え、硝酸洗浄が可能なのでろ布の長寿命化も図れます。
kasei02 前処理装置
全自動式ペーパーフィルター
加圧ろ過、通気脱水、通気脱水、ろ過室の開放、ケーキの排出の
各操作を全自動で行うろ過機です。
清澄ろ過用にも、ケーキ回収用にも、脱水機としても兼用ができ、
次世代型化成に対応したモデルもご用意できます。
kasei03 前処理装置
page top 前処理装置

border 2color 前処理装置

Dürr Ecopaint RoDip

塗装前処理・電着塗装プロセスの生産性を高める回転式塗装システムdurr logo 前処理装置

自動車のボディ全体を回転させることで、浸漬・水洗・表面
調整・皮膜化成・排液などの工程を最適化。
ラインの長さを短縮できることで、工場の限られたスペース
を有効利用し、レイアウトの自由度を高めることができます。
durr01 前処理装置
Ecopaint RoDipの導入で、工場のスペースを節約し、限られたスペースを有効活用できます。
merit1 前処理装置 merit2 前処理装置 merit3 前処理装置
Ecopaint RoDip M(チェーンドライブ)
Ecopaint RoDip Mの特徴である両サイドのチェーンドライブが、
処理ライン上の回転キャリアを牽引します。
その際、特殊なVカムが、タンク内のキャリアの回転をガイド
します。
Ecopaint RoDip E(電動ドライブ)
Ecopaint RoDip Eでは、個々のボディ運送に、それぞれプログラミング可能で電力的に独立した搬送ユニットが用いられます。
搬送ユニットは、走行ドライブ及びセパレード式の回転ドライブを
備え、配置はパス測定システム経由で行われます。
制御系との通信は、WLAN(無線)信号を使用しています。