自動車産業向 塗装プラントFOR AUTOMOTIVE INDUSTRIES

コンベア

コンベアは設備の稼働率に直結する重要装置です。

パーカーエンジニアリングでは、塗装工程の特徴に応じ、オーバーヘッドコンベアやフロアコンベア等の
連続式コンベア、大型バスなどに対応可能なタクト式コンベア等、様々なご提案が可能です。

前処理電着品質を大幅に向上させるRoDipシステムもご用意出来ます。

border 2color コンベア

コンベアの選択

塗装工程の特徴に応じた最適提案が可能

自動車ボディ用のラインでは、パワー&フリーコンベアを利用した連続ラインや、トラバーサー、ターンテーブルを利用したスキッドコンベア、あるいは少量生産のタクト式コンベアがあります。また、重量のある大型バスボディの場合にもタクト式コンベアを利用する場合があります。
パーカーエンジニアリングでは長年の経験に基づき、プロセスに最適化されたコンベアシステムの提案が可能です。

 コンベア

大型バスボディ前処理電着工程の例

page top コンベア

border 2color コンベア

Dürr Ecopaint RoDip

塗装前処理・電着塗装プロセスの生産性を高める回転式塗装システムdurr logo コンベア

自動車のボディ全体を回転させることで、浸漬・水洗・表面
調整・皮膜化成・排液などの工程を最適化。
ラインの長さを短縮できることで、工場の限られたスペース
を有効利用し、レイアウトの自由度を高めることができます。

durr01 コンベア
Ecopaint RoDipの導入で、工場のスペースを節約し、限られたスペースを有効活用できます。
merit1 コンベア merit2 コンベア merit3 コンベア
Ecopaint RoDip M(チェーンドライブ)
Ecopaint RoDip Mの特徴である両サイドのチェーンドライブが、
処理ライン上の回転キャリアを牽引します。
その際、特殊なVカムが、タンク内のキャリアの回転をガイド
します。
Ecopaint RoDip E(電動ドライブ)
Ecopaint RoDip Eでは、個々のボディ運送に、それぞれプログラミング可能で電力的に独立した搬送ユニットが用いられます。
搬送ユニットは、走行ドライブ及びセパレード式の回転ドライブを
備え、配置はパス測定システム経由で行われます。
制御系との通信は、WLAN(無線)信号を使用しています。