ニュースNEWS

三菱自動車タイランドの新塗装工場新設工事を受注

パーカーエンジニアリング株式会社(代表取締役社長:浮田二郎丸、以下パーカーエンジニアリング)は、
このたび三菱自動車工業株式会社の海外(タイ)子会社である三菱自動車タイランド
(以下「三菱自動車タイ」)より新塗装設備プロジェクト一式を受注しました。

プロジェクトの背景

今回受注しましたのは、三菱自動車タイの第三工場新塗装ラインです。 
受注範囲は、前処理/電着設備、塗装設備、乾燥炉設備、ロボット自動塗装、塗料供給装置など、
搬送装置を除く設備一括受注となっています。 
三菱自動車タイの第三工場は、三菱自動車工業株式会社が力を入れている自動車「グローバルスモール」
を生産する工場です。

受注成功の背景

パーカーエンジニアリングはタイに100%子会社「パーカーエンジニアリング タイランド」を設立して、23年の歴史を有しています。長年の事業で培った技術力をベースにタイで数多くの塗装設備プロジェクト
を成功させてきました。今回はタイにおける実績が高く評価され、受注に結びついたと考えております。

今後について

更なる技術力アップを目指し努力するとともに、今後もタイにおける事業展開を積極的に行っていく
所存です。

工事概要

工事名:第三工場 新塗装工場プロジェクト 
工事場所:三菱自動車タイランド(MMTh)、チョンブリ県ラムチャバン工業団地内 
工期:2011年11月~2012年4月 
装置概要: 
【塗装設備】 
前処理/電着塗装設備、塗装ブース(水性対応)、塗料供給装置、乾燥炉(蓄熱式脱臭炉含む)、作業場
【自動塗装装置】 
塗装ロボットによる自動塗装システム(ロボット台数:18台) 
【塗料供給装置】 
中上塗り塗料:24色、高粘度系:シーラー/アンダーコート/ロッカープライマー 
設計/施工:パーカーエンジニアリング株式会社